スマートフォンサイトはこちら
  1. 山本 広美
沖縄美ら島財団総合研究センター[美ら島研究センター]

普及啓発の取り組み

研究スタッフ紹介

山本 広美

山本 広美 (やまもと ひろみ)

専門分野 サンゴ礁生態学
研究内容
  • 造礁サンゴ群集の遷移と攪乱からの回復
  • 飼育環境下におけるミドリイシ属サンゴの形態と繁殖周期の可塑性について

経歴

  • 1992年:琉球大学法文学部文学科国文学専攻 卒業 
  • 1996年:琉球大学理学部海洋学科 卒業
  • 2000年:琉球大学大学院理学研究科海洋学専攻 博士課程前期 修了(修士・理学)
  • 2001年:(財)海洋博覧会記念公園管理財団(沖縄美ら海水族館)勤務
  • 2011年:(一財)沖縄美ら島財団総合研究センター 現職

受賞

  • 2018年度第32回日本材料試験技術協会 協会賞日本材料試験技術協会賞
    「枝サンゴ骨格の折損挙動調査 -四点曲げ強度特性の評価-」
    政木 清孝,上里 優貴,磯村 尚子,山本 広美,久森 紀之
    材料試験技術 第62巻,2号, pp. 131-136 (2017)
  • 2007年 日本サンゴ礁学会第10回大会 ポスター賞
    「飼育下トゲスギミドリイシから得られた卵と幼生の健康状態」
    山本広美、高岡博子、金谷悠作、野中正法

論文・レポート・報告書

  • Masanori Nonaka and Hiromi Yamamoto (2003)
    Reseeding the reefs of Okinawa with the larvae of Captive-bred corals. Coral reefs 22:34
  • Hiromi Yamamoto et al. (2006)
    Education and conservation of coral reefs at Okinawa Churaumi Aquarium.  Proceedings of 10th  International coral reef Symposium 1713-1716
  • A. Baird, H., Hiromi Yamamoto et al. (2006)
    Temperature tolerance of symbiotic and non-symbiotic coral larvae.
    Proceedings of 10th International Coral Reefs Symposium 38-42
  • Mamiko Hirose, Hiromi Yamamoto et al. (2008)
    Metamorphosis and acquisition of symbiotic algae in planula larvae and primary  polyps of Acropora spp. Coral Reefs 27:2 247-254
  • Irina M Yakovleva, Andrew H Baird, Hiromi Hannah Yamamoto, Ranjeet Bhagooli,  Masanori Nonaka,  Michio Hidaka (2009)  Algal symbionts increase oxidative  damage and death in coral larvae at high  temperatures. Marine Ecology Progress  series.
  • Nami Okubo, Hiromi Hannah Yamamoto Fumio Nakaya, Ken Okaji. (2010)
    Reproduction in cultured versus wild coral colonies: Fertilization, Larval Oxygen  Consumption, and  survival. Biol Bull. 2010 Jun;218(3):230-6
  • Patrick C. Cabaitan, Hiromi Yamamoto, Kazuhiko Sakai (2012)
    Recovery of corals a decade after a thermal stress event at Motobu, Okinawa, Japan:  spatial variability in  winners and losers Galaxea, Journal of Coral Reef Studies Vol. 14 No. 1 p. 27-40
  • Patrick C. Cabaitan, Hiromi Yamamoto, Kazuhiko Sakai (2012)
    Analyses of coral community survey data at different taxonomic resolution: implications for reef monitoring Galaxea, Journal of Coral Reef Studies Vol. 14 No. 1 p. 41-52
  • Naoko Isomura, Yuichiro Baba, Shunsuke Nagata, Masanori Nonaka & Hiromi  Hannah Yamamoto (2013)
    The relationship between genetic similarity and reproductive success in the  branching coral Acropora  intermedia.  Marine Biology Research Volume 9, Issue 2,  2013 181-188
  • Nami Okubo, Sho Toshino, Yoshikatsu Nakano & Hiromi H. Yamamoto(2017)
    Coralindividuality-confluence of change physical splitting and developmental ability of  embryos.
    Scientific RepoRts | Nov 22;7(1):16006. doi: 10.1038/s41598-017-16273-w
  • Andrew H. Baird et al. (2021)
    An Indo-Pacific coral spawning database.
    Scientific Data | (2021) 8:35 | https://doi.org/10.1038/s41597-020-00793-8
  • 東地拓生・山本広美・Peter Castro・駒井智幸. (2013)
  • 沖縄近海に設置されたパヤオに付着したハナヤサイサンゴ類に共生するサンゴガニ属(甲殻亜門:十脚目:短尾下目) の記録. 沖縄生物学会誌 51: 83-91.
  • 比嘉敦・岩永洋志登・岩橋浩輔・山本広美・香村眞徳 (2015)
    国指定天然記念物「塩川」(スガー)における植物の生育状況.
    沖縄生物学会誌 53:  65-76.
  • 政木清孝・磯村尚子・山本広美 (2015)
    海洋生物の生成する炭酸カルシウムのX線回折測定.沖縄工業専門学校紀要9: 1-12.
  • 政木 清孝,上里 優貴,磯村 尚子,山本 広美,久森 紀之 (2017)
    枝サンゴ骨格の折損挙動調査 -四点曲げ強度特性の評価-
    材料試験技術 第62巻,2号, pp. 131-136
  • 梶原健次・北野裕子・木村匡・座安佑奈・島田剛・下池和幸・杉原薫・鈴木豪・立川浩之・出羽尚子・野村恵一・松本尚・山本広美・横地洋之(2020) 宮古諸島造礁サンゴ目録.
    p.73-91. 宮古島市史編さん委員会(編),宮古島市史第3巻自然編第1部宮古の自然(別 冊).宮古島市教育委員会,宮古島市.

学会

  • 日本サンゴ礁学会
  • 沖縄生物学会
  • 日本藻類学会
  • 日本造礁サンゴ分類研究会 ほか

主なアウトリーチ実績

年報

平成25年度

調査研究編

平成26年度

調査研究編

平成27年度

調査研究編

平成28年度

調査研究編

平成29年度

調査研究編

平成30年度

調査研究編

平成31年度

調査研究編

令和2年度

調査研究編

ページTOPへ